【派遣】アメリカからの報告

愛知県豊橋市出身の髙橋さんは、2015年9月にアメリカのミシガン州に向けて出発しました。日本の学校では英語部に所属し、活発に英語を使って頑張って勉強を重ね、この夏には留学という大きな一歩を踏み出しました。将来は英語を使って通訳などの仕事をしたいと思い、今回アメリカへの留学が決まりました。アメリカでの様子、留学生活をエンジョイしている様子が分かる報告が届きましたので、ご紹介します!


私はアメリカのミシガン州adrianという地区に留学しています。留学して4か月が経とうとしているのですが、時間がたつのが早すぎて自分でもびっくりしています。そんな私のアメリカでの生活をいくつか紹介します。
授業は1日6限あって、7:41に始まります。International Seminer, U.S. History, Math, Art, English, ELLを取っていて、その中でも必修の授業はU.S.HistoryとInternational Seminerと、ELLです。授業は難しいですが、クラスの友達に積極的に話しかけて頑張っています!
1. 私の学校にいる留学生とのミーティング時の写真です。
私の学校はたくさんの留学生を受け入れていて、お互い刺激し合って留学生活を送っています。
 
image4
 
2.  ホームカミングのパレードの時の写真です。私たちはこの荷台に乗って地域の子供たちにキャンディを投げながら町を回りました。
image3
 
image2
 
この様な感じで留学生活を過ごしています。
留学したからこそ知る事のできた事がたくさんあって、毎日が驚きや発見の連続です。まだまだ自分の思った事を上手く伝えられませんが、日々の生活を楽しみ、充実させながら学んで行きたいと思います。


 
学校には季節ごとにクラブ活動があり、高橋さんはボーリング部に所属していて、春からの次のシーズンはテニス部に参加する予定とのことです。残りの留学期間もますます満喫し、大きくなって帰ってきて下さいね。楽しみにしています!