1. 制度概要

本制度の各WYS高校留学生は、1学年間に亘り、全米各州の公立高校に授業料免除の交換留学生として受入れられます。期間中は、アメリカの一般家庭(ホストファミリー)に滞在することになります。米国準交換留学プログラムでは、年々選考基準が厳しくなる交換留学と異なり、積極的な交流に対する姿勢も重要視されています。アメリカの高校でしっかり学び、アメリカの人々と積極鄭な交流を図りたいという明確な目標をもった生徒に門戸が開かれています。

特 色

  • より多くの生徒達にアメリカでの留学生活を経験する機会を提供することを目的に、成績や英語力などの選考基準が交換留学に比べて柔軟性があります。
  • 米国への交換留学を希望する生徒の受け皿として注目されており、1年目のアメリカへのプログラムとして最適です。
  • 留学時に高校3年生の本制度留学生は、各留学先高校において一定の履修条件を満たすことにより、アメリカの高校卒業証明書(High School Diploma)を得ることが可能です。
  • 本制度は、WYS交換留学生の2年目のコースとしても最適です。「WYS交換留学制度」の「米国公立高等学校交換留学」に参加した生徒は、2年目のコースとしても本制度への参加が可能です。従って、1年目の学年が高校2年だった生徒は、2年目の本制度で、アメリカの高校卒業資格取得を目指すことが出来ます。

高校生の留学等を通じたグローバル人材育成のための取組

2. 留学期間

2021年8月31日 ~ 2022年6月下旬 (10ヶ月間)
8月中・下旬に日本を出発し、翌年6月までの一学年の間、各受入先高校に在籍します。
留学期間中は、一般アメリカ人家庭のもとに滞在します。

3. 留学先高校

全米各州の公立高校

4. 在留資格

米国政府により正規の留学生査証(F-1ビザ)が発給され、米国に受入れられます。

5. 応募資格

  1. 留学出発時に15~18歳の男女高校生・高専生・専修学校高等課程在籍者
  2. 在籍校において学校推薦の受けられる者
  3. 日本国籍を有する者、または日本国内に居住する外国籍の者

6. 募集人員

10名

7. 留学費用

2,380,000円

8. 出願締切(2020年度実績)

第1期募集 2019年6月10日(月)
第2期募集 2019年7月12日(金)
第3期募集 2019年9月2日(月)
第4期募集2019年10月21日(月)
第5期募集2019年12月2日(月)
第6期募集 2020年1月17日(金)
第7期募集 2020年3月2日(月)

★出願書類の関連で、12月2日出願締切の第5期募集への応募に時間がかかっている生徒については、WYS教育交流日本協会の事務局までご連絡下さい。 特別日程による選考試験が可能になります。

9. 選考方法

  1. 英語能力判定テスト(ELTiS)
  2. 一般教養テスト
  3. 適性診断テスト
  4. 書類審査
  5. 日本語及び英語による面接(保護者同伴/保護者は日本語のみ)

10. 選考試験会場

札幌・函館・青森・秋田・仙台・東京・新潟・金沢・長野・静岡・名古屋・大阪・米子・岡山・広島・徳島・松山・高知・福岡・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・那覇 の全国24都市