【派遣留学】アメリカからの報告(交換留学)

haradakanan

今回はアメリカに留学中の原田佳南さんから報告が届きました。留学折り返し地点、5ヶ月が経った時の心境が語られています。カルチャーショックを乗り越えて、新たなステップを踏み出すことができ、ますます留学生活を充実させたいという意欲が伝わってきますね!


前半はとにかく緊張しまくっていたと思います。学校生活が始まってすぐに部活に入ろうとしたら、チア部は10万円かかると言われて、バレーボール部は英語話せるようになってから来てねと言われて、、、そこで部活に入る気力を失って、あっという間に5Kg太りました。

アメリカに来てから今までいろんな人に会って、前まで「アメリカ人ってこういうイメージ」というのが、良い意味でも悪い意味でも覆されました。それと同時に、私を見て日本人のイメージを持たれると思うので、恥のないように頑張ります!

日本ではできない経験をたくさんさせてもらえて、ホストファミリーにも日本の家族にもWYSにもとても感謝しています。最近、本当の本当にこっちに慣れてきたので、もっとガツガツできるように頑張ります! 運動始めます!

英語の上達については、話すのが一番だと分かっているのですが、シャイなのでなかなかうまく話せません。がんばります! ちっちゃいホストシスターがいるので、その子と絵本を読んだり、宿題とかで長い文を読む時は音読しています。たまに英語で日記を書いています。

あと、ホストファミリーについこの間、赤ちゃんが生まれました! 男の子です。幸せです! 本当にホストに恵まれて、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をしたり、友だちと何かをしたり、ホストと映画を観に行ったりして、週末を楽しんでいます。

 

haradakanan

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る